果敢にドリブルを仕掛ける。多少強引でも挑むのが青学大から加入したMF荒木大吾だ。「無理と思われる場面でも、いかないと良さが消える」。スピードと力強いシュート、突破力が魅力のサイドハーフがプロでの活躍...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)