北朝鮮が弾道ミサイルを発射した7日、上空を通過した沖縄県では、自治体職員らが情報収集に追われるなど一時緊迫したが、大きな混乱はなかった。地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が配備され、警戒態勢が敷かれ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)