2020年東京五輪世代のエースが、華々しくデビューした。0―0の後半44分。桐光学園高(神奈川)から磐田入りしたルーキー小川航が、伝統の静岡ダービーで“プロ初得点”を決めた。    ストライカーとし...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)