ラグビー・トップリーグ(TL)の神戸製鋼は、今季も準決勝の壁を破れず、4位に終わった。南アフリカ出身のクッツェー・ヘッドコーチ(HC)が新たに就任し、昨季からの強みだったセットプレーと堅守を土台に、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)