昨夏の兵庫大会では明石商を初の決勝に導き、秋の公式戦は6完封を含む8完投。大車輪で甲子園初出場を引き寄せた右腕・吉高壮は入学当初、投手を続けるつもりはなかった。  朝来市立生野中時代は硬式クラブ「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)