ただの1点ではなかった。「あのホームランがなかったら負けていた」(林中勇輝主将)。植村元紀が右翼席に突き刺したソロ本塁打は、センバツ切符を手繰り寄せる“値千金”の一発だった。  北信越大会準決勝。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)