北海道旭川市の「高砂酒造」は4日、雪と氷で作られたドームの中で新酒を搾る作業を公開した。氷点下2度、湿度90%。酒の酸化や香りの消失を防ぎ、雑菌が繁殖しにくい。搾った酒はろ過し、「一夜雫」の銘柄で3月...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)