2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土交通省は羽田空港(東京大田区)を発着する国際線の便数を増やすため、さいたま市や和光市の県内上空を含む新たな飛行ルートを計画している。  現行ルートは...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)