オホーツク海を南下している流氷の一部が2月3日朝、知床半島のオホーツク管内斜里町ウトロ地区の海岸に接岸した。知床財団が今冬初めて確認した。ウトロ地区の景勝地「プユニ岬」の沖合は100~300メートル...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)