巨漢の4番候補、アマダーが前評判通りの長打力をアピールした。左右の打撃投手に対して53スイング中柵越え17本という数字以上に、場外弾もあった特大の放物線は圧巻の内容だった。  池山、礒部の両コーチは...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)