山形市の蔵王温泉スキー場で、アオモリトドマツの枝に氷と雪が付着してできる冬の風物詩・樹氷が3日、見頃を迎えた。暖冬で雪が少ない今年は全体に細身だが、高さ10メートル前後のものもあり迫力十分でスキー客の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)