元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚せい剤の所持容疑で逮捕された事件で、警視庁が東京都港区の清原容疑者の自宅から、覚せい剤のほか、注射器三本などを押収していたことが捜査関係者への取材で分かった...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)