守護神としてより高みを目指す松井裕樹が2日連続のブルペン入りで、熱のこもった投球を見せた。チームが連勝街道にある時などは何試合もの連投が求められるタフな役割なだけに、「制球力を高め、球数を減らす効率...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)