DF栗山直樹は千葉に契約満了を言い渡され、一度はサッカー人生をあきらめかけた。4年間のリーグ戦通算成績はJ2での7試合。引退も覚悟した中、山形からオファーが届いた。「サッカーが続けられる喜びを感じた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)