節分を翌日に控えた2日、日本相撲協会審判部の大鳴戸親方(元大関出島)が群馬県館林市苗木町の市総合福祉センターで開かれた節分の会を訪れ、今年一年の幸せを願って豆をまいた。  同市では4月8日、春巡...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)