原生林の中で、小さな空飛ぶ生き物に出会った。それは、エゾモモンガだ。普段は、夜間に活動しているため、なかなか姿を目にすることが少ない動物だ。2月から3月にかけては、彼らの繁殖期になり、日中にも姿を見...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)