2020年の東京五輪・パラリンピック参加国と交流する「ホストタウン」に飯塚市が登録された。内閣官房が公表した1次登録分の44地域に県、北九州市とともに含まれた。飯塚市は南アフリカが交流相手となる。市...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)