二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場をデザインした建築家の隈(くま)研吾さんが一日、日本記者クラブで会見し、白紙撤回された旧案との類似性をザハ・ハディドさんが指摘していること...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)