午前のみ約1時間、軽めの調整をした。うつぶせの体勢から手を使わずに起き上がって約10メートルをダッシュしたり、ミニゲームに取り組んだりした。一部の選手は居残りで約1時間、シュート練習などに励んだ。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)