号砲とともに、リンクへ一陣の風が吹いた。スケート国体最終日の31日、スピード成年女子の曽我こなみ選手(ホテル東日本)が爆発的なスタートダッシュを決め1000メートルで4位入賞した。2連覇が期待され...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)