戦いを終え、黒土にまみれたナインは、健闘をたたえるスタンドへのあいさつを済ませるとベンチで肩を落とした。1953(昭和28)年秋の県大会決勝。翌春の選抜大会につながる四国大会出場権を懸けた高松商との...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)