日本サッカー協会は31日、東京都内で臨時評議員会を開いて初の会長選挙を実施し、田嶋幸三副会長(58)が原博実専務理事(57)を破り第14代会長に就任することが決まった。大仁邦弥会長(71)の後任として...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)