兄弟で、それぞれ3位の表彰台に立った。少年男子1500メートル決勝の一戸大地(山形中央高)は責任先頭(1回)を完了し納得の結果。成年男子1500メートル決勝の一戸誠太郎(信州大・山形中央高出)は難...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)