中学生から大学院生までがサイバー攻撃対策に役立つ技術を競うハッカー大会が30日、東京電機大(東京)で開催され、18チームがネットワーク上での攻防を繰り広げた。筑波大2年の前田優人さんがリーダーの「do...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)