政府は29日、北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射兆候を踏まえ、米韓両国と情報共有を強化するとともに、海上自衛隊のイージス艦を洋上展開させるなど迎撃態勢の構築を急いだ。29日夜、東京・市谷の防衛省敷地内に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)