満を持して甲子園のマウンドに立つ。選抜高校野球大会出場が29日決まった創志学園高(岡山市)の高田萌生投手(17)=2年=は、最速150キロを誇る大会注目の本格派右腕。「相手を圧倒する投球を見せたい」...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)