眼鏡の奥の瞳を見開き、「選ばれる確率は高くないと思っていた。悲願だったので、感無量」と声を弾ませた。30日が44回目の誕生日。1日早いプレゼントに、「もう年を取るのはうれしくないが、(今回は)最高で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)