建設現場でアスベスト(石綿)を吸い、肺がんや中皮腫などを発症した京都府の元労働者ら26人の本人や遺族計27人が国と建材メーカー32社に計約10億円の損害賠償を求めた「建設アスベスト訴訟」の京都地裁判決...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)