安倍晋三首相による2013年12月の靖国神社参拝は政教分離を定めた憲法に反するとして、国内や台湾に住む約760人が国と首相、靖国神社に将来の参拝差し止めと1人当たり1万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)