サッカーJ2のFC岐阜の幹部や選手、コーチスタッフら五十三人が二十七日、岐阜市の伊奈波神社を訪れ、二月二十八日に開幕する二〇一六年シーズンの必勝を祈願した。  宮田博之社長とラモス瑠偉監督、高地系...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)