黒い光沢のあるおわんを顔に寄せ、細筆を動かすと、筆先から桜の花が浮かび上がった。1500年前から伝わる越前漆器の工房だ。「人に喜んでもらえる品物をつくりたい」。宮下亜季さん(26)はここで漆器を装飾す...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)