2011年、長野と愛知の県境に近い山村にギターを手にした青年がやって来た。愛知県設楽町の郷土館が保管している文化財を整理しながら、地域文化を残していこうと奮闘する石井峻人さん(31 )。よそ者が気付く...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)