初場所で初優勝を果たし、日本出身力士として10年ぶりに賜杯を手にした大関琴奨菊が千秋楽から一夜明けた25日、所属する千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で会見した。「相撲を目指す人にとって一番最高の舞台は幕内...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)