大相撲初場所で日本出身力士として十年ぶりの優勝を果たした大関琴奨菊(31)が千秋楽から一夜明けた二十五日午前、所属する千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で会見した。  場所の終盤は強気な発言が目立ったが「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)