2年連続で代表戦までもつれ込んだ男子団体決勝は、静岡学園が制した。昨年と同じく代表戦に出場した川井が、延長で小外刈りを決め、激戦に終止符を打った。  川井は大将同士の一戦が引き分けとなった瞬間、「代...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)