柔道女子団体決勝は、藤枝順心が東海大翔洋との大将戦を制した。中部地区大会で敗れた相手を下し、沼野監督は「よく雪辱した」と選手をたたえた。  菊池、水野が技を繰り出しながらも粘って引き分けに持ち込んだ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)