24日に広島市で開かれた第21回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会で、本県は次代の日本陸上界を担うと注目される遠藤日向選手(17)=学法石川高2年=が20分4秒の1区区間賞で流れを引き寄せ、2年ぶりの...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)