東京五輪・パラリンピックが開かれる二〇二〇年に向け、政府が定めた新技術の実用化計画の推進管理体制が、宙に浮いた状態となっていることがわかった。水素エネルギーを利用する技術や、障害者などが社会参加する...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)