目標の入賞が遠ざかる中、兵庫のアンカー中谷が意地を見せた。たすきを受けた時点で8位まで1分差。5年連続出場の「箱根ランナー」はそれを20秒差にまで縮めた。  上郡町立上郡中、西脇工高時代から出場す...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)