巨人の村田修一内野手にとって昨季は不本意な1年だった。本塁打12はプロ入り最低の数字。打点もわずか39。好機に代打を送られ、スタメン落ちも度々。規定打席にも届かなかった。だがこの冬、村田に初心を取...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)