米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選は24日に投票、即日開票される。安倍政権が推進する飛行場の名護市辺野古移設計画への対応が最大の争点。飛行場の早期返還実現を訴える現職の佐喜真淳氏(51)と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)