青森県内の幼児と児童生徒(満5~17歳)の身長体重などの体格と、肥満傾向児の出現率が、2年連続で男女とも全国平均を上回ったことが22日、文部科学省の2015年度学校保健統計調査で分かった。 特に体重...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)