裸眼視力1.0未満の子どもの割合は、群馬県の小学校が31.1%、高校が74.4%となり、1979年度の調査開始以来それぞれ過去最悪となったことが22日、文部科学省の2015年度学校保健統計調査(速報...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)