男子1000メートルで8位入賞した由井直樹(山形中央)は「喜びと悔しさが半々です」。ラスト1周のタイムの落ち幅が想定より大きく「(後に滑った)何人かに抜かれた」と反省を口にした。  昨季までは50...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)