ベトナム産マグロのブランド化と漁師の生活向上を目指し、日本の民間企業が協力したマグロ8本が22日、国際協力機構(JICA)の委託事業として初めて大阪市中央卸売市場(福島区)で競りに掛けられ、1キロ当た...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)