青少年サッカートレーニング事業の静岡県実施を検討している中国教育部の調査団が20日、静岡市を訪れ、J2リーグ清水エスパルスのグラウンドやクラブハウスなどを視察した。  事業は2016年から5年間、中...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)