佐賀県内各地で降雪が観測された19日、サッカー・J1サガン鳥栖が練習を行う鳥栖市の北部グラウンドも一面の銀世界となった。寒空の中、午前中から約20人のサポーターが訪れ、黙々と走り込む選手の姿を見守っ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)