東日本大震災で被災した高速道路の復旧工事で談合が繰り返された疑いが強まり、東京地検特捜部と公正取引委員会は20日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、道路舗装各社の本社や東北支店の家宅捜索を一斉に始...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)