急速に発達する低気圧の接近に伴い、北海道内は1月19日も道東を中心に暴風雪が吹き荒れた。気象台によると、午前10時までの24時間降雪量は、札幌市でも22センチを観測した。JRは道東方面を中心に200...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)