ロシア正教会が、キリストが洗礼を受けた日とする「主の洗礼祭」を祝う19日、ロシア各地の凍結した海や川などで信者らが斎戒沐浴(もくよく)する伝統行事が行われた。聖水となった水を浴びたり飲んだりすることで...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)